すべては
あなたの美しさのために

一人ひとりの理想の美を実現するために、私たちは日々努めています。その美しさをかなえる製品は、妥協のない品質と高い安全性に基づくものであることが、最も重要であると考えています。それは、資生堂の社名*の由来にあるように、サステナビリティに関する原則と、日々の活動によって支えられています。

*資生堂の社名は、中国の古典『易経』の一節で「至哉坤元 万物資生=”至れる哉(かな)坤元(こんげん)、万物資(と)りて生ず”」に由来します。「大地の徳は、なんと素晴らしいものであろうか。全てのものはここから生まれる」という意味があります。

私たちのポリシー

  • 製品開発ポリシー

    世界には様々な美が存在しています。美を統一する定義はありません。また美は時代とともに変化します。解釈は多様化し、その文脈やニュアンスは多彩です。
    自分らしさを、力強くいきいきと表現するものから、クリーンやナチュラルをコンセプトにしたものまで。私たちのブランド・製品は、世界中のお客さまの多様な考えや価値観に対応したものであるべきと考えています。
    ただすべての製品に共通するのは、絶対的な最優先である安全性、環境への配慮と倫理的視点です。
    製品開発のポリシーを透明性をもってお伝えします。プロフェッショナルなスキルを持った社員全員が、日々誠実に製品の改善を行っており、その成果は、資生堂グループの全ブランドに反映されています。

  • 処方開発ポリシー

    高い安全性と品質基準を遵守することは、私たちの揺るぎない約束です。100年以上にわたる幅広い皮膚研究と製剤化技術の研究結果を最大限に活用し、グローバル市場に適した処方開発をしています。
    成分の種類、比率の無数の組み合わせ、複雑な何段階ものプロセスを経て、お客さま一人ひとりの理想の美を提供し、五感で美しさを感じ取れるような体験も作り出すことができるのです。私たちは、人・社会・環境を尊重したサステナブルなアプローチで、最先端の技術を進化させていきます。

製品に使用しない成分一覧

私たちの製品には、下記成分を使用していません。水や自然環境、原料製造過程に由来し、技術的に避けられない状況で極微量に存在する可能性はありますが、日本を含む世界各国や地域の規制要件を満たすとともに、資生堂独自の高い安全基準を遵守し、製品の安全性を保証しています。
  • 1,4-ジオキサン
  • アクリルアミド
  • アセトアルデヒド
  • アセトニトリル
  • ジエタノールアミン (DEA) およびジエタノールアミン化合物
  • ジクロロエタン
  • 重金属 (鉛、ヒ素、水銀、カドミウム、アンチモン、ニッケル)
  • トルエン
  • ビスフェノールA*
  • ヒドロキノン
  • フタル酸
  • BHA (ブチルヒドロキシアニソール)
  • ブトキシエタノール
  • ヘキサクロロフェン
  • ベンゼン
  • ホウ酸
  • PVC (ポリ塩化ビニル)
  • PCBs (ポリ塩化ビフェニル)
  • ホルムアルデヒド
  • マイクロプラスチックビーズ (リンスオフ製品)
  • メタノール
  • メチレンクロライド
  • *ビスフェノールAが不純物として混入することを避けるために、PC (ポリカーボネート) 製の容器は使用していません。

あなたの安心のために、誠意をもってお答えします。
安全を最優先に、環境的にも、倫理的にも配慮した成分を、私たちは選択します。 疑問やご心配に、誠意をもってお答えするために、成分について詳細な情報をお伝えします。

成分選定ポリシー

安全性は、絶対に譲れない私たちの最優先事項です。国ごとの規制を完全に遵守することに加え、原料における厳格な安全性だけでなく、環境への配慮や倫理的視点も含めた自社基準を設定し、成分を選定しています。また成分を調達する際も、品質と信頼性のために、上記の基準に基づいて選択しています。これは資生堂グループ全体における最低限のコミットメントであり、各ブランドはさらにそれぞれのブランドの価値を反映させた成分の方針を有しており、その方針に基づいたものづくりを行っています。

よくご質問をいただく成分一覧

成分情報の一覧はこちら

製品の詳細

製品の詳細については、下記ウェブサイトをご参照ください。

容器包装開発ポリシー

サーキュラー・エコノミーの考えに賛同し、環境負荷軽減に向けて、私たちは資生堂5Rsを定めました。
2025年までに100%サステナブルな容器包装を目指すことを目標として設定しました*。

  • *プラスチック製容器について

資生堂の5Rs

  • Respectリスペクト

    人、社会、環境を尊重するという考えのもと100%サステナブルな容器包装を目指します。

  • Reduceリデュース

    容器包装を薄くしたり軽量化することでプラスチック使用量を削減します。プラスチック製プロモーション素材の使用を削減します。

  • Reuseリユース

    つめかえ・つけかえ製品により本体容器を再利用します。リチャージシステムを整備します。

  • Recycleリサイクル

    分別しやすい容器設計とし、また各国のリサイクル状況に即した素材を使用することにより、再利用を促進します。単一素材を使用します。(PE、PP、PETなど)

  • Replaceリプレース

    バージン・プラスチック素材を、生分解性素材・植物由来素材・再生素材(PCR)などに置き換えます。